モビットは審査が早いキャッシング 内緒で利用する方法

モビットは審査が早いキャッシングです。

 

審査への申込から融資までスピーディーに利用ができるキャッシングで審査に最短30分、融資まで最短即日で利用が可能です。

 

口座振り込みで平日14:50までに手続きをすれば最短3分でお金を振込をしてもらうことが可能ですのでその日に借りたい方にはおすすめです。

 

※申込の曜日時間帯によっては翌日以降の取扱となることあります。

 

モビットの審査へ申し込みをするためには

「満20歳以上69歳以下で申込者本人に安定した収入があること」です。

 

もちろんほかにも様々な項目から審査を行っていますがスピーディーに審査を終えることが可能です

 

また、モビットは家族や会社に内緒で借りれるバレにくいキャッシングというメリットがあります。

 

それは、モビット独自の申込方法であるWEB完結申込を利用ることにより、郵送なし、職場への電話連絡なしで利用可能です。

 

キャッシングならば絶対に必要な会社への電話連絡がなしで、自宅への契約書やカードの郵送物もないので会社の人にも、家族にも内緒で借りれると人気になっています。

 

「審査が早い+即日融資+バレにくい」

 

この3つの条件を満たしているのがモビットの特徴です。

 

モビットは運用歴も15年以上で登録会員数は39万人。

 

2016年にオリコンのノンバンクカードローンで顧客満足度1位を獲得している消費者金融ですので安心感と利用者の満足度も高いので初心者の方も安心をして利用してください。

モビット

◆WEB完結申し込みなら郵送なし、職場への電話連絡なしで利用可能です。
(パートアルバイトは不可)

◆入力はたったの18項目(PCは22項目)10秒簡易審査で審査の結果がすぐにわかります。

◆審査⇒最短30分、融資⇒最短即日

◆2016年ノンバンクカードローンでオリコン日本顧客満足度1位

◆土日・祝日でもATMからのキャッシングは可能で全国130,000台と提携しています。
(WEBで審査通過後、ローン申込機でカードを受け取ればOK)

◆即日融資は平日の14:50までに振込完了手続き完了で最短3分振込が可能です。

実質年率 3.0~18.0%
借り入れ可能額 1~800万円
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日

<申し込み方法>

申し込み方法は「カード申込」と「WEB完結申込」があります。

WEB完結申し込みは、

・三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行の口座を持っていること

・全国健康保険協会発行の健康保険証もしくは組合保険証を持っていること。

この2つの条件をクリアしていることが条件となっています。

※条件を満たしていない場合は通常のカード申し込みをなります。

モビット公式ページへ

モビットのWEB完結申込とカード申込の審査

モビットのWEB完結はキャッシングの中でもバレにくく、内緒で借りることができる方法なので人気のサービスですが、利用をするには条件をクリアしておくことが必要です。

 

条件を満たしていない場合は、通常のカード申し込みを利用しましょう。

WEB完結申込の利用条件

・三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていること。

・全国健康保険協会発行の健康保険証もしくは組合保険証を持っていること。

モビットのWEB完結申し込みは審査から融資までも同様に可能です。

 

そのため審査に最短30分、融資まで最短即日で利用が可能。

 

WEB完結申込の場合は審査への申し込みから契約まですべてネットで完了をする、カードレスでお金のやり取りも口座で行うために来店不要と実際に利用をする際にもバレないような工夫がされている申込方法です。

 

もし、先ほどの条件を満たしていない場合は通常のカード申し込みになります。

 

カード申し込みをする場合には残念ながらWEB完結申込のように郵送なし、職場への電話連絡なしで利用をすることはできませんが職場への電話連絡を避けることは可能です。

 

職場への電話連絡とは在籍確認という審査の1つです。

 

これはあなたの申し込みした情報が正しいものなのか?

 

また、その職場に在籍をしているのか?

 

このようなことを確認するための審査の1つなのですがモビットに限らずどこのキャッシングも行っています。

 

通常は電話のみとなるのですが、モビットは在籍確認を書類で完了させる方法があります。

 

WEB完結申込も書類で在籍確認をすることにより職場への電話連絡をなしにしていますので少しでもバレるリスクを避けるために利用をしましょう。

 

モビットの書類で在籍確認する方法は簡単です。

 

「モビットは指定をする職場に在職をしていることがわかる書類を提出する」ことです。

書類での在籍確認の方法

下記のうちいずれか1点を提出すること

・源泉徴収票
・給与明細書
・社会保険証
・社員証

具体的な内緒で利用をする方法は下に書いていますのでぜひご覧ください。

モビットの審査は早い 10秒簡易審査の正確性

モビットの審査は早いとキャッシング業界でも言われています。

 

その理由について書いていきましょう。

 

モビットには10秒簡易審査というサービスがあります。

 

この審査へ申し込みをするとあっという間にWEB上で審査の結果を知ることができますので人気です。

 

他の消費者金融であるプロミス、アコム、アイフルでも簡易審査と行っていますがモビットの10秒簡易審査とほかの簡易審査には大きな違いがあります。

 

実際に申込項目について比較をしてみましょう。

会社名 モビット アコム アイフル プロミス
簡易審査名 10秒簡易審査 3秒診断 1秒診断 3項目3秒診断
入力する項目 ・名前(カナ)

・性別

・生年月日

・メールアドレス

・携帯電話番号

・携帯電話名義

・自宅の郵便番号

・自宅電話番号の有無と番号

・勤務先の種類

・就業形態

・勤務先の種類

・税込み年収

・現在の借入件数

・契約希望額

・利用目的

・最終学歴

・国籍

・インターネットパスワード

・年齢

・年収(総支給額)

・他社の借入状況

(カードローンなど)

・年齢

・雇用形態

・年収

・他社の借入金額

・生年月日

・年収(税込み)

・他社の借入金額

このように比較を見るとモビットだけが申込項目が多いので面倒だと思いますよね。

 

しかし、ほかの3サービスとモビットの10秒簡易審査の決定的な違いは「正確性」です。

 

正直、簡易審査と言っても4項目ではその人の状況などを見抜くことは困難です。

 

そのため、アコム、アイフル、プロミスの簡易審査に関しては正確性は非常に低く本審査とは全くの別物となります。

 

また、この3サービスの本審査へ申込をする場合には最低でも30項目以上の申し込みが必要となります。

 

それと比較をした場合にモビットの10秒簡易審査は本審査の事前審査という扱いになります。

 

そのため、申込情報をもとに信用情報機関と呼ばれる個人のお金に関する情報がまとまっている機関へアクセスをして過去のキャッシング、クレジットカードの返済履歴などをすべて調査します。

 

それを踏まえて短時間で結果を表示しますので正確性が非常に高いと言われています。

 

実際にモビットの10秒簡易審査に通過をして本審査も通過をした人の口コミ情報を見てみると「10秒簡易審査も本審査も利用可能額まで同じだった」ということです。

 

つまり、それだけ正確に10秒簡易審査は行われているということです。

 

これがモビットの審査が早いと言われている秘密となります。

 

あとは、下に書いています内緒で借りる方法を実践してくださいね。

モビットの審査を内緒で通過する方法

モビットは審査が早く即日融資も可能はわかっていただけたと思います。

 

しかし、実際に内緒で借入が出来るのか気になったので利用をしてみました。

 

その時にいろいろ情報を集めていると、わかったことがカード申込にもWEB完結申込にも内緒で借りるにはデメリットがあるということです。

 

まず、WEB完結申し込みですが郵送なし、電話なしで利用は可能となっていますが入力に不備があった場合でも電話がありますので入力はミスや不備がないように気をつけましょう。

 

お金のやり取りは、口座で行いますのでカードの郵送はないのですがお金のやり取りの履歴が銀行通帳に残ってしまうというデメリットがあります。

 

何かの拍子で見られたり、奥さんなどの家族と共有の通帳の場合はバレます。

 

せっかく郵送物を無くしても本末転倒な方法となってしまいますね。

 

また、カード申込の場合は審査に通過をした際にカードが郵送されてきます。

 

これはローン契約機(自動契約機)へ行って受け取ると言う方法でカードが郵送されてくるというピンチは乗りきることはできるのですが、「契約書が自宅へ郵送されてくる」というデメリットがあることがわかりました。

 

この郵送物は、あなたの申し出た住所が本当に存在をするのかと言う点も見ていますので確実にありますね。

 

モビットの申し込みは「WEB完結」もしくは「カード申込」のどちらかしか選択はできませんがどちらにもバレる可能性がある問題がありました。

 

でも、私はいろいろ考えた結果自宅への郵送物もなしで、通帳にも記載をされない方法を考えだしたのです。

 

それは「WEB完結申し込みで審査に通過をしてからカードを発行してもらう」と言う方法です。

(※スマホキャッシングでも可能です)

 

モビットの審査の流れ

①インターネットからWEB完結申し込みで申し込みをする
この際に入力の不備がないように注意をして下さい。入力にミスがあると審査に時間がかかってしまいます。
WEB完結申込には
・三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行の普通口座を持っていること。
・全国保険協会発行の保険証(社会保険証)もしくは組合保険証を持っていること
②審査を進める。
最短30分で審査を終えることが可能です。審査の最終段階で在籍確認が行われます。
③審査に通過
この際にすぐに口座で借りないことがポイントです。ここで口座へ振り込みをしてもらうと口座へ振り込み履歴が残ってしまいます。
④カードが欲しい旨をモビットへ伝える
審査に通過後に電話などでモビットへカードが欲しいことを伝えます。一応「カードの再発行」と言う形になりますが、この申し込みをすることによりカードを受け取ることが可能です。
⑤ローン契約機へカードを受け取りに行く
ローン契約機(自動契約機)は街中にありますので実際に店舗へ足を運び、カードをその場で受け取りましょう。
【新情報】
2017年5月よりスマホキャッシングができたので、WEB完結申し込みを利用した後にスマホキャッシングを利用すればカードレスで口座での履歴ものこりませんのでメリットも高いです。
セブン銀行のATMを利用しますのでメリットも高く24時間いつでも借入、返済が可能です。
スマホのモビットのアプリを見られないように注意をしておきましょう。

モビットの店舗はローン申込機

この方法は少し手間でが、カード申込の弱点である契約書の送付はWEB完結で完了していますのでありませんので自宅への郵送物は一切ありません。毎月の利用明細に関してはモビットのログインページから確認をすることになります。

 

そしてWEB完結申し込みの弱点である口座へお金のやり取りの履歴が残るというデメリットもなくなります。カードのやり取りはWEB上に残るだけですのでご安心ください。

 

この方法であれば郵送がないので、バレないで利用が可能です。あとは、あなたもバレないように行動に注意をすれば完璧ですよ。

モビットの審査基準 審査は厳しい?

モビットの審査が甘い?厳しい?と申し込みをする方が言いますが、実際にはどうなのでしょうか?

 

最初に伝えておきますと、モビットの審査は甘くも厳しくもありません。

 

厳正に行われています。その理由として、モビットは大手の消費者金融で三井住友銀行グループの会社となっています。

 

平等に審査は行っていますし、審査を厳正にしておかなければ、自社が損をすることになるからです。

 

モビットに限らず、キャッシングの審査の目的は申込者の「返済能力」を見ています。

 

つまり、「この人にお金をかしてちゃんと返済をしてくれるのか?」を詳しくみてます。

 

もちろん誰もが通過をするわけではありませんのであらかじめ理解をしておきましょう。

 

審査に早く通過をした人は「審査が甘かった」と言いますし、審査に時間がかかった人は「審査が厳しかった」とは口コミや評判、体験談でいう傾向にあります。

 

では、モビットの審査へ申し込みをする基準について書いて行きます。

 

モビットの審査基準

①年齢が20歳以上69歳以下であること。

②申込者本人に安定をした収入があること。

③ブラックリストに入っていないこと。(複数社の借り入れも含む)

④総量規制外で借り入れをしていないこと。

この4点になりますね。

 

これは、キャッシングの中でも基本とされている項目となっています。最低限クリアをしておかなければなりませんので理解をしておきましょう。

 

では、項目ごとに詳しく書いていきます。

 

【①年齢が20歳以上69歳以下】

未成年が借り入れをすることができませんし、69歳以上は定年退職をしている。もしくは定年間近ということで今後収入が見込めないため審査に申し込みはできませんね。学生でも20歳以上であれば申し込み可能ですし、自営業も可能です。

 

【②申込者本人に安定した収入があること】

これは審査の中でも最も重要な項目となっています。

 

配偶者に収入があれば借り入れをすることができるキャッシングもありますが、モビットのような消費者金融は不可です。

 

そのため、本人に安定をした収入があることが条件となりますね。

 

専業主婦やフリーター(無職)は申し込みをすることができない決まりとなっています。

 

雇用形態には関係なく、アルバイト、パート、派遣社員、契約社員、正社員、自営業の方も申し込みが可能で収入があれば問題はありません。

 

審査の段階で基準があり、「正社員>契約社員>派遣社員>パート・アルバイト」と判断をされます。

 

無職、専業主婦はもちろん不可となりますし、自営業は会社の規模や経営実績によりますので、個人によって変わります。公務員は審査に段階で優遇をされやすいと言われていますね。

 

安定をした収入と判断されるには、勤続年数がとても重要になります。

 

年収を得ていなくても半年くらい収入をもらっていれば審査に通過をする可能性も十分高くなると思いますが、3か月程度だと安定と判断をされるのは難しいでしょうね。

 

年収は低めですが毎月安定をしている方と、年収が高いが毎月の成績によって左右をされるため波がある方の場合は前者の少なくでも安定をしている方は好む傾向にあります。

 

【③ブラックリストの入っていないこと】

ブラックリストはお金に関する問題児として判断をされます。

 

クレジットカードや他のキャッシング、ローンなので不払いや返済の遅延の繰り返しなどをしているお金に関する個人情報である信用情報機関に記載をされます。

 

信用情報には、あなたのお金に関する情報がすべて記載をされていますし銀行、クレジットカード、キャッシングなどの金融関係が共有をしている情報となるため嘘をついても見破られますね。

 

もちろん債務整理である任意整理、個人再生、自己破産なども含まれます。

 

 

他にもすでに複数社からの借り入れがある場合も同じような問題となります。

 

複数社からお金をすでに借りていると言うことはお金に困っていると判断をされますので審査の大事な「返済能力」に引っ掛かる可能性が高いです。

 

ブラックリストの入っている、複数社から借り入れをしているなら一度今の状況をみてから審査へ申し込みをしましょう。

 

信用情報を見たい方はこちら

アヴァンス行政書士法人で信用情報開示

 

【④総量規制外での借り入れをしている】

総量規制とは年収の3分の1以上は借りられない法律となっています。

 

消費者金融は総量規制内のキャッシングとなりますのでこれ以上のお金は借りられません。

 

たとえば、年収300万円の方の場合は100万円までしか借りることができません。

 

これは合算となりますので、上記の方がすでに50万円借り入れをしているならモビットへ申し込みをしても最大で50万円までしか借り入れをすることができません。

 

総量規制よりも大きな金額を借りたいと思っているなら、総量規制外で借り入れが可能な銀行系のカードローンへ申し込みをして下さい。

 

マイカーローンや、住宅ローン、奨学金などの大きなお金はこれには含まれませんのでうまく活用をして下さいね。

 

総量規制内でしか借りりえをしていない場合でも借り入れ可能額は10万円程度になるなら、審査に通過をする事は難しくなっていきますね。

モビットの審査に落ちる理由

実は審査に落ちている方の方法を見ておくと、あなたが審査へ申し込みをした場合に通過をすることが可能なのか?もしくは可能性の判断の基準となりますね。

 

基本的に審査に落ちている方は「返済能力」がないと判断をされていると言うことになります。

 

そこは最低限クリアをしておかなければなりませんので、一番の理由はここに入る可能性があります。

 

他にも先ほどご紹介をした、審査の基準の段階でどこかに引っ掛かっている可能性も高いです。

モビットの審査に落ちているケース

他にも審査に落ちているケースとしては、オペレーターへの対応が悪かったという情報は多いです。

 

在籍確認や申し込み内容に不備があったためオペレーターから電話をするケースもあります。

 

電話の対応を適当にあしらったり、オペレーターが確認をした質問に対してきちんと答えていない、ウソをついているなどの場合には審査に落ちる場合があります。

 

また、ほかのキャッシングで最近(過去3か月~半年程度)審査に落ちているなら申し込みをしない方が良いです。他のキャッシングで審査に落ちていると言うことはあなたに何らかの問題があったと予想されます。

 

その逆のパターンとして、短期間(1か月~3か月)で複数社から一気に書いている場合は「この人はお金に困っている」と判断をされますので総量規制で余裕があっても審査に通過をすることは厳しいでしょう。

 

申込内容についても嘘がある場合は審査に落ちますので正直に書くようにしてくださいね。

モビットへの申込方法

モビットには「カード申込」と「WEB完結申込」の2通りの申込方法があります。

 

しかし、この申込方法の違いなどわかりにくい点もありますし、メリット、デメリットがありますのでその点をご紹介したいと思います。

 

モビットの最大のメリットは最初に書いているように審査の早さになります。

 

一次審査は10秒簡易審査で終了をしますので借り入れできるのか?融資不可なのか?を見ることができますのでとても便利です。

 

【カード申込】

パソコンからの申込項目は22、スマホの場合は18です。

 

他の消費者金融の入力項目は30くらいなのでとても早く審査に申し込みをして利用ができます。

メリットは?

・カードが発行されますので、いつでも提携ATMの利用が可能です。

・臨時収入時も、いつでもATMで自由に返済可能

・14:50を過ぎてからの手続きでも、ローン申し込みでカード発行をおこなえば、申込当日に融資が可能な場合があります。

インターネットから申し込みをして審査に通過をすればローン申込機でカード発行をしてもらうことが可能です。デメリットとしては、契約書の郵送が自宅へされます。これはMCセンターという封筒で送られてきますが、

 

家族の誰かに中身を見られるとバレる可能性がありますのでご注意を。

 

【WEB完結申し込み】

インターネットから申し込みをすれば利用が可能です。パソコン、スマホとも22項目の入力でOK!

 

申込条件は「三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行の口座をもっていること」「お勤め先をして提出可能な「健康保険証(社会保険証もしくは組合保険証)」の2点になります。

 

その分お勤め先への電話連絡なし、郵送なしで利用ができます。

メリットは?

・申込から利用まで電話連絡、郵送物なし(バレにくい)

・カード発行がされないので紛失の心配もなし

・14:50までに手続きが完了すれば当日融資が可能。

このようにメリットがあります。

 

デメリットに関してははカード申込の場合は契約書が自宅へ確実に郵送されてきます。これでバレる可能性がありますが、WEB完結の場合は有りません。

 

しかし、WEB完結の場合はお金のやり取りが基本的に口座になりますので通帳にすべて履歴が残ります。どちらにもメリット、デメリットがありますので理解をしておきましょう。

モビットの申込に必要な書類

・本人確認証明書である「運転免許証」もしくは「パスポート」の写しが提出できる。

・現在の収入の証明として「源泉徴収票」「税額通知書」「所得証明書」「確定申告書」「給与明細(直近2ヶ月)」のいずれかの写しを提出できる。
※準備できる場合は直近1年の賞与明細書
※個人番号(マイナンバーが記載をされている本人確認書類または収入証明書などを提出いただく際は個人番号(マイナンバー)を見えないように加工をいて提出をして下さい。

モビットは土日も利用ができる

土日でも急に利用が必要な時はあります。

 

そこは安心をして下さい。土日祝日、GW(ゴールデンウィーク)、お盆、年末年始など通常の土日だけでなく大型連休でも利用が可能となっています。

 

審査は365日24時間受け付けています。申し込み方法は電話や郵送、FAXなどあるのですが「お金を借りたい」と思ったときに申し込みをするにはインターネット申し込みが便利です。

 

審査が通常はいつも21:00までは行っていますのでそれまでに申し込みをされた場合には即日対応をなっていますが21:00以降の時間は翌日以降になります。

 

もちろん、土日祝日でも審査を行っていますのであとは審査の結果を待っておけばOKですね。

 

融資に関しては銀行の取引は行っていませんので利用ができません。そのため、口座振り込み以外の方法で融資を受ける必要があります。その方法は「ローン申込機へ行く」と言う方法になります。

 

審査に通過をしてからローン申込機へいき、そこでカードの発行をしてもらいましょう。そのカードを使えば提携ATMから引き出しが可能となります。

 

この方法で土日祝日、大型連休でも利用が可能となりますのでとても便利です。注意としてはローン申込機へ入るところを誰にも見られないようにしてください。せっかく内緒でかりることはできるキャッシングですのでもったいないです。

 

また、スマホキャッシングでも土日は利用が可能です。

 

モビットの審査は365日9:00~21:00まで利用が可能ですのでその間に審査に通過をしてモビットの会員番号がわかれば利用できます。

 

提携ATMに関しては全国に130,000台も有りますし近くのコンビニ銀行など利用は可能となっています。利用は可能な提携ATMについては下記をご覧ください。

モビットのスマホキャッシングで借入

モビットがスマホキャッシングを開始しました。

 

これはカードを不要となっており、スマホを使って借入をする方法で業界でも初の試みとなっています。

 

今まではカードを受け取る手間があったり、口座の登録が必要となっていましたがモビットの審査に通過をしていればスマートフォンを利用するという形となっています。

 

提携ATMといってもセブン銀行のみの対応となっていますがスマートフォンをかざすだけで入出金まで可能となっていますのでメリットも高いものとなっています。

スマホATM取引のメリット

・カードが不要でスマートフォンがあれば提携ATMで入出金が可能。

(モビット公式のスマートフォンアプリのダウンロードが必要です)

・全国にある23,000台以上もあるすべてのセブン銀行のATMの利用が可能。

・24時間365日いつでも利用が可能。

・来店不要でスマホの利用なのでバレにくい。

・ICカード利用時と同水準の高いセキュリティ

・iOS、Androidの両方のOSに対応をしているので、ほぼすべてのスマートフォンが対応。

この方法ならば面倒なカードの受け取りがなくなりますし、スマホさえあればセブン銀行でいつでもお金の借り入れも返済もできます。

 

もちろんセキュリティも万全なので安心をして利用ができるメリットがありますね。

 

モビットのスマホキャッシングの流れ

スマホキャッシングの流れについて紹介をします。

①審査に通過をしてからモビットのアプリをダウンロードしてください。登録してログイン後に立ち上げをしましょう。

 

②アプリの中にある「スマホ ATM 取引」を押して「ご出金」の選択をするとスマートフォンのカメラが起動します。

 

③ATMの取引開始ボタンを押して、ATM画面に表示されたQRコードを撮影してください。

 

④スマートフォンに表示をされた「企業番号」と暗唱番号を入力して、借入をして下さい。
この方法ならばセブン銀行のあるコンビニでもあっという間に借り入れをすることができますのでとても便利ですね。ローン申込機へカードを受け取りにいく手間が無くなります。

この方法ならばセブン銀行のあるコンビニでもあっという間に借り入れをすることができますのでとても便利ですね。ローン申込機へカードを受け取りにいく手間が無くなります。

 

セブン銀行へ行けば24時間いつでも借入をすることができると言う点で大きなメリットとなっていますのでぜひ活用をしてください。

モビットの金利は高い

モビットは消費者金融ですので金利は高いと言われています。

 

法的には問題のない範囲となっていますが、3.0~18.0%となっていますね。

 

この金利には仕組みがあります。

 

ついつい見てみると、最低金利の3.0%を見に行く方もいらっしゃいますが実はそこまでいかない場合が多いですね。

 

モビットの融資は1万円~800万円までとなっていますが100万円以下の場合は上限金利の18.0%が適用となります。

 

これはモビットに限らずどこのキャッシングへ申し込みをしても上限金利になります。最大の800万円まで借り入れをした場合に顧客としても優良な顧客として判断をされれば3.0%の金利になる可能性はあります。

 

そのため、金利は高めとなりますし、ほかの消費者金融は行っている無利息期間なども行っていません。金利に関してモビットは弱点とも言える部分です。

 

金利は消費者金融は基本的に高いものと言われています。

 

消費者金融の特徴は審査から融資までが早いことであり、金利に力を入れていない理由もあります。消費者金融の場合は基本的に短期間に小さなお金を借りることに向いていますのでそこは理解をしておきましょうね。

 

モビットの金利はデメリットですが、消費者金融で上限800万円まで借りられます。この場合は最も金利の低い3.0%となりますのでその点は大きなメリットといえます。

 

モビットが金利が高いと言われる理由は無利息期間がないことです。

 

他の消費者金融などでも新規の利用の方には初回のみ30日間の無利息期間などがあります。

 

しかし、モビットの場合は無利息期間がないため初回の借入から利息がかかります。

 

そのような理由からモビットの金利は高いと言われていますね。

モビットの返済方法と返済日

モビットで借り入れをした場合に考えないといけないことが「返済に遅れないこと」です。

 

モビットに限らずキャッシングからお金を借りている場合に遅延をしないことがとても大事となっていますね。

 

なぜかというと、返済に遅れることを繰り返していると信用情報と呼ばれる個人のお金に関する情報があります。

 

信用情報にはあらゆる金融機関が情報を共有をしていますのであなたが返済をしていないことも簡単にわかります。繰り返し返済の遅延や、不払いをしているとブラックリストへ入ることも可能性として出てきますのでご注意を。

 

【口座振替での返済】

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座のある方は、お客様の預金口座から自動引き落としでお支払いただけます

 

【銀行振込での返済】

現在ご利用の金融機関口座から、当社指定の預金口座へお振込いただくことによりお支払いただけます。

 

【提携ATMでの返済方法】

全国の銀行やコンビニエンスストアなどの提携ATMにてご返済いただけます。

※営業時間(利用時間)は設置場所により異なります。

※提携ATM利用時の手数料は、一部お客様のご負担となります。

 

提携ATMに関しては、全国に130,000台以上もありますので利用が便利です。(2017年6月現在)

 

返済に遅れないようにするには、口座の登録をしておけば自動的に引き落としをしてくれますのでとても便利ですね。

 

モビットの返済日は選択をすることになります。あなたのお給料日などと相談をして決めてくださいね。5日、15日、25日、末日から選ぶことが可能となっています。

モビットの返済金額

モビットの返済額は下記の表のように借入金額によって決められています。

 

これで計画も立てやすいので確認をしておきましょう。

借入後残高スライド元利定額返済方式

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円以上 20万円以下 8,000円
20万円以上 30万円以下 11,000円
30万円以上 40万円以下 11,000円
40万円以上 50万円以下 13,000円
50万円以上 60万円以下 16,000円
60万円以上 70万円以下 18,000円
70万円以上 80万円以下 21,000円
80万円以上 90万円以下 24、000円
90万円以上 100万円以下 26,000円

※実質年率は18.0%と計算をした場合(100万円以上の借入は実質年率15.0%で計算をします)
※100万円以上の買い入れに場合は、最終借入後残高が20万円増すごとに返済額が4,000円増えます。

 

もちろん繰り上げ返済も可能ですのでお金に余裕があるときには少しでも多く返済をしましょう。

 

繰り上げ返済をすれば利息が少しでも下がります。

モビットのよくある質問

ここではモビットの気になる質問についてお答えします。

 

もちろん気になることも多いと思いますが、利用をする前は本当の気になる事が多くなると思いますので多い質問について書いています。

 

ぜひ、参考にして下さい。

モビットは安心をして利用できるの?

消費者金融での大手のため安心して利用できます。モビットは三井住友銀行グループの会社です。知名度も高いので変なことはできません。万が一お金の関係で問題が起った場合には自社の損害に繋がりますし、場合によっては閉鎖をしなければならない可能性があります。

様々なことから考えてみると安心して利用が可能ですし、利用者も多いです。テレビCMでも知名度が非常に高いので、安心感もあります。

モビットの審査は早いのですか?

審査が早い理由は、入力項目が少なく10秒簡易審査で一時審査の判断がすぐきます。モビットの入力項目は22で他の消費者金融と比較をしても10項目くらい少ないです。
(スマホの場合は18項目)スマホやパソコンから申し込みをする際に入力数が少ないと言う点で審査が早いと言われています。審査も最短30分、融資まで最短即日とスピーディーに借り入れが可能ですね。10秒簡易審査は本審査です。他のキャッシングの場合は簡易審査はあくまでも簡易なので本審査にはなりませんのでそこに違いもあります。結果や借入が可能な金額を知りたいなら、一番おすすめです。

申し込みをしたら審査におちました。

審査基準を設けています。一番の目的は申込者に返済能力になります。「この人はお金をちゃんと返済してくれるのか?」と言う点がかなり重要です。もちろん返済能力があったとしても、過去に金融事故などを起こしてる方も審査に落ちることになるでしょう。一次審査は10秒簡易審査でわかるのであっという間に初回の審査が終わります。モビットの利点は面倒がことが少なく、すぐにモビットから融資が可能か?連絡がもらえることです。そのため、中には申し込みをしても「瞬殺でした(審査におちた)」という書き込みもあります。

審査に落ちたならあなたに問題がある可能性があります。審査に落ちた理由は聞くことができませんので注意を。

ATM手数料はいくら?

1万円以下の取引なら108円。1万円以上の取引の場合は216円かかります。ローン申込機(自動契約機)は小さいのでキャッシュマシーンがないため全国にある130,000台ある提携ATMの中で利用をして下さい。

借入、返済を利用するなら口座でのやり取りの方が良いでしょうね。

無利息で利用したい

無利息期間を設けていませんので不可となっています。無利息期間だけを求めているなら他のキャッシングサービスの方が適しているかもしれせん。利息を抑えて利用をしたいなら銀行系のカードローンが低金利で利用ができます。しかし、審査がキャッシングサービスの中でも最も厳しいと言われていますので予め理解をして申し込みをして下さい。

返済日に間に合わないのですが・・・

電話をしてその旨を伝えてください。のオペレーターが適切な指示をしてくれます。しかし、返済に遅れるということはあまりよくないです。返済遅延という印が信用情報につきますし、遅延金もかかります。

また、放置はもっともよくありません。遅れるとわかった段階で電話して対応に従うようにしてください。

とにかく早く借りたいのですがどうすればよいですか?

スマホやパソコンなどでインターネットから申し込みをした後に、電話をして「急ぎである」旨を伝えてください。状況にもよりますが、優先的に対応をしてくれる場合があります。それでも審査に最短30分はかかりますので理解をしておきましょう。

キャッシングもお金を借りたい人に対しては柔軟に対応をしてくれますので、困ったことや希望がある場合には自分からオペレーターへ思い切って連絡をするように心がけてみてください。

審査が混み合う時間は?

審査は基本的にお昼12:00前後がピークになります。その理由としては、その日の夕方までに借りたい方が多いからですね。

スピーディーに借り入れができる消費者金融なので、平日のお昼頃は混み合います。審査に関してはいつでも21:00までやっていますので、夜でもインターネットから申し込みをして審査通過後にローン申込機へ行きカードを受け取って利用が可能です。

上限金額800万円を借りられるの?

消費者金融なので、総量規制が適用となります。そのため年収の3分の1以上は借りられません。上限金額の800万円借りるには年収2400万円以上あれば可能です。現実的にこの金額をモビットで借りるのは難しいでしょう。

最大どれくらいの期間借り入れが可能なの?

公式ページによると最長8年10か月可能です。つまり、106か月ですね。借り入れ金額にもよりますが、返済回数は最大106回も支払うとなると利子はかなり大きいと思いますので注意が必要です。

とにかく早くお金を手にしたい

それならば審査へインターネットから申し込みをして最短30分の審査結果が戻ってくるのを待ちましょう。その後口座への振り込みで受付をすれば最短3分でお金を振込していただくことが可能となっています。これはキャッシングの中でもかなり早い部類に入りますので便利に利用をして下さいね。

土日なら審査へ申し込みをして、通過の連絡が来た際にローン申込機へいってカードを受け取りましょう。あとは、提携ATMからお金を借り入れすれば土日祝日でも即日融資が可能となります。

審査の状況を知ることはできますか?

インターネットで「審査の結果照会」から審査の状況を確認することができます。インターネットを持っていない方はフリーコールで確認をして下さい。

ただし、審査の落ちた理由などについては答えることができません。

印鑑は必要ですか?

基本的に印鑑は必要ありません。

しかし、三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行に預金口座を持っている方で、口座振替での返済を希望する方は口座振り込み以依頼の手続きの際に印鑑が必要です。

契約時に贈られてくる郵送物について

入会申込書
契約内容確認書
入会申込手続きのご案内
預金口座振替依頼書
会員規約
「Myモビ」のご案内
提携ATM一覧
返信用封筒
モビットカード

しかし、申込方法によって異なります。封筒はMCセンターと呼ばれている封筒できます。

モビットではありませんが、MCセンターとYahoo!やgoogleで検索をすると簡単にバレますので注意をして下さい。

担保や保証人は必要ですか?

必要ありません。

モビットは全国どこでも利用ができますか?

はい。

モビットは日本全国どこでも利用が可能です。

北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/愛知/岐阜/静岡/三重/大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

 このようにモビットを利用するためにもいろいろと質問があります。
モビットを利用する方の多くは「大丈夫なの?」という不安を持っています。
実際にモビットはオリコンのノンバンクカードローンで顧客満足度1位を獲得している実績がありますのでそこは安心をして利用をしてほしいですね。

モビットカードローンの商品情報

 分類 消費者金融( 登録番号:関東財務局長(6)第01239号)
申込可能年齢 20歳以上69歳以下
申込可能職業  正社員・契約社員・アルバイト・パート、自営業

(申込者本人に安定した収入があること)

審査時間 10秒簡易審査
無利息期間 なし
即日融資 融資時間は最短即日で可能

※申し込みをした曜日や時間によっては翌営業日になることもあります。

借入可能額 1~800万円
金利 3.0~18.0%(遅延をすると20.0%が適用)
金利の計算方法  借入残高×借入利息÷365日×利用日数

※10万円を金利18.0%で借りた場合は一か月約1、479円の利息

申込方法  インターネット(カードレスのWEB完結申し込みがり)

ほかにも郵送、電話、モビットのローン申込機で可能

必要書類 【WEB完結申込の場合】
・本人確認書類
(運転免許証。ない場合パスポートまたは健康保険証)・収入証明書類
(源泉徴収票、税額通知書、確定申告書、所得証明書、給与明細書(直近2ヶ月分)のいずれか)※賞与の明細書の提出もすることが可能
・勤務先の証明書類
(健康保険証(全国健康保険協会発行分または組合保険証)と給与明細書(直近1ヶ月分))
【カード申込の場合】
・本人確認書類
(運転免許証。ない場合パスポートまたは健康保険証)
・収入証明書類
(源泉徴収票、税額通知書、確定申告書、所得証明書、給与明細書(直近2ヶ月分+賞与明細書)のいずれか)どちらの申し込みも「国民健康保険は不可」です。
借入方法 口座振り込み、提携ATM

※セブン銀行のみスマホキャッシングができます。

返済の方法 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行からの口座振替、銀行振込、提携ATM

※銀行振込・口座振替・口座振込は手数料無料

※ATMは三井住友銀行ATMのみ手数料無料

返済の方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済日 毎月5、15、25日、末日から自分の状況に合わせて選択
 提携ATM 三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・セブン銀行・イオン銀行・コンビニATM・E-netなど
 ATM手数料 利用者負担
その他 会員専用「Myモビ」から、最短3分で口座振込で借入が可能。

平日の14:50までに手続きをすれば最短3分で口座へ振り込み可能

モビットへ申し込みをする

コメントは受け付けていません。