アルバイトはキャッシングで借りられるのか?

アルバイトでキャッシングを利用したいと思ったときに借りられるものなのでしょうか?

これについては「可能」です。

ただし、アルバイトなのでそれなりの条件をクリアしなければ融資を受けることはできませんので注意をしましょう。

キャッシングの審査

アルバイトがキャッシングへ申込をする場合にも他の人たちと同様に審査に通過をしなければなりません。

審査に通過をすることができなければ基本的には融資を受けることはできませんので注意をしましょう。

まず、審査へ申し込みをするには「申込者が満20歳以上69歳以下で安定をした収入があること」と定められています。

この条件を満たしていないアルバイトの人は融資を受けることは難しいと思います。

審査の目的は申込者に「返済能力があるのか?」です。

お金を貸す場合は配偶者の収入などは一切関係なく、あくまでも申込者本人に収入があるのかを見極めるために行われていると言われていますので、そこをクリアしなければなりません。

返済能力があると判断をされるためには

・毎月コンスタントに安定をした収入を得ていること。

・アルバイトを開始して半年を経過していること。

・パートでもアルバイトでもよいので申込者本人が働いていること。

この3つをクリアしておくことで、返済能力があると判断をされますので理解をしておきましょう。

アルバイトならば消費者金融がおすすめ

アルバイトが実際にキャッシングを利用したいと思った場合におすすめは大手の消費者金融です。

大手の消費者金融は審査から融資までスピーディーに借りられるとして人気となっており、借りられるという点では利用もしやすくなっています。

消費者金融は少額(100万円以下)を短期的に借入をすることに向いているため利便性には優れているといえますね。

しかも、審査がとにかく早いので「すぐに借りたい」「今日中にお金がほしい」という人には最適なキャッシングだといえます。

アルバイトの限度額

アルバイトの場合は基本的に限度額が決められてしまいます。

これは正社員や派遣社員でも同じとなっており、年収に左右をされることとなります。

アルバイトの場合だと月に10万円程度の収入になることが多いため、年収にすると120万円程度。

消費者金融の場合は年収の3分の1までしか借りられないというデメリットもありますので約30~40万円程度が限界になりますね。

もし、これ以上を借りたいと思っているならば収入を増やすか、働き方を変えるしかないのでアルバイトの場合は我慢をしましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)