キャッシングとクレジットカードの違い

キャッシングとクレジットカード。

どちらもよく聞く言葉となっていますが、実際に利用するとなった場合にどう違うのでしょうか?

知らない人も多いので、ここではキャッシングとクレジットカードの違いについて紹介をしたいと思います。

キャッシングとは?

キャッシングとは「現金を借りること」をいいます。

その方法は様々でクレジットカードにもキャッシング機能がついており、その機能を使うことでお金を借りられます。

しかし、クレジットカードのキャッシング機能の場合は上限金額が少ないというデメリットがあります。

大体は30~50万円程度となっていますので、いざというときに使えるのはクレジットカードのキャッシング機能になりますね。

他にもキャッシングにはいろいろとあります。

お金を借りることが目的なので消費者金融もそうですし、銀行系のカードローンも同様となります。

このあたりは審査に通過をしなければなりませんが、審査に通過をしてお金を借りる方法です。

消費者金融はアコム、アイフル、プロミス、モビットなどが大手の消費者金融といわれており審査から融資までがスピーディー。

それに対して銀行系のカードローンは低金利で借りられるという点は魅力ですが、審査に時間がかかります。

そのため少額を早く借りたいならば消費者金融、低金利で大きなお金を借りたいならば銀行系のカードローンと使い分けましょう。

クレジットカードとは?

クレジットカードの基本的な機能はショッピング機能です。

誰もが使っているクレジットカードのショッピング機能は現金を支払うことなく商品を購入することができる便利な機能です。

購入代金をクレジットカード会社が「一時的に立て替えてくれ、翌月にあなたが支払いをする」という方法になります。

多くの人のクレジットカードの機能はこのショッピングの機能になりますね。

支払いの方法は一括払いと分割払いがありますので、あなたのお財布事情と相談をして支払い方法を検討しましょう。

また、クレジットカードにはキャッシング機能もついています。

キャッシング機能は先ほど紹介をしたように「お金を借りる方法」ですね。

キャッシングとクレジットカードの違いはこのようになっています。

クレジットカードには両方の機能がついていますので実はとても便利な1枚のカードです。

しかし、利用可能な金額や金利が高いというデメリットもありますので、普通にキャッシングのみをしている会社を利用するほうが良い場合もありますね。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)