キャッシングの金利は安い 計算方法も紹介します

キャッシングでお金を借りるとなった場合に、金利はどのように決まるのか?

また、借入をする会社によって金利も異なるのか?など詳細について書いていきたいと思います。

まず、キャッシング会社がなぜ金利をとっているのかというあたりについて書いていきましょう。

キャッシングの利益は金利で設定をしたあなたの利息になります。

つまり、貸したお金に利息を付けていないとキャッシングの利益は全くなくなりますので会社自体がつぶれることのなりますね。

そのため、キャッシングは金利と設定しているのです。

キャッシングの金利は安い 法律で決められている

キャッシングの金利は安いの?それとも高いの?

これは、借入をするキャッシングサービスによってかなり異なります。高いキャッシングサービスもあれば、安めに設定をされているキャッシングサービスもあるためです。

もちろん法律でも決めれていますので、それ以上の金利を請求すると法律でキャッシング会社の罰せられますので法的には問題のない範囲ですね。

【法的な上限金利】

元金 年利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

このように金利は定められています。

しかし、この金利はあくまでも通常で借入をしている場合の金利となります。

もし、遅延をするともっと高い利息ののった状態の請求がありますので、キャッシングで返済に遅れないようにしたいものです。

【遅延損害金】

元金 年利
10万円未満 年利29.2%
10万円~100万円未満 年利26.28%
100万円以上 年利21.9%

このように返済に遅れると、多くの利息がかかった状態で返済をしていくことになりますので注意をしなければなりませんね。

キャッシングの金利の計算方法

キャッシングの金利の計算方法ですが、すごくシンプルで簡単なものです。

借入金額×年利÷365日(1年間)×借入日数

この計算で大体の金利がわかります。

例えば、30万円を年利18.0%で30日間借入をしたとしましょう。

30万円×0.18÷365×30=約4,438円

30万円を借りた場合にはこれだけの利息がかかることになります。

例えば、毎月の返済額が定額の場合、月に1万円ずつ返済をしているとすると利息が4,438円で元金が5,562円となります。

次月は294、438円に年利18.0%かかるという形になります。

元金を減らすことができれば利息を減らしていくことも可能となりますので、余裕のある月は多めに返済をしていきましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)