クレジットカードの返済方法は遅れないことが最優先

クレジットカードはとても便利なのですが、その場でお金を支払わなくて良くなるため買い物をしすぎてしまうこともありますので注意をしなければなりません。

これがクレジットカードの怖いところで、知らない間に利用をしている金額も増えてしまい気が付いた時には大きな金額になっていた。

そんな経験をしたことある人も多いです。

そのため、返済が遅れそうになる人や返済ができなくなり大変になる人もいますので気を付けたいものですね。

クレジットカードの返済に遅れるとどうなる?

例えば、返済期限は今日だけれどもどうやっても支払える気配がない。

あと5日後に追加でお金が手に入るから放っておこう。

これは決してしてはダメなことになりますね。

そもそもクレジットカードには毎月の返済期限があり、その返済期限を守れないとなった場合にはすべて「返済遅延」という扱いになります。

返済遅延とはその名前のとおり返済に遅れている人ということになりますので「信用情報機関」へ記載をされることとなり今後クレジットカードやキャッシング、ローンなどがすべて利用しにくくなります。

信用情報機関とはお金の関する会社関係の情報がすべてまとめられている機関で最悪の場合はブラックリストに記載をされることとなりますね。

返済遅延は数日程度ならば猶予がありますが、不払いとなると猶予もなくいきなりブラックリストへ記載をされる可能性もあります。

そうならないためにはクレジットカードを日ごろか計画的に利用をして、返済に遅れないようにしなければなりません。

クレジットカードの返済に遅れないようにする方法

まずは、クレジットカードの返済に遅れないことが原則ですが、それでも遅れてしまうという場合には「クレジットカードに電話を入れる」ことから始めましょう。

電話を入れるとオペレーターが「いつ入金できるのか?」ということを訪ねてきてくれますのであなたが可能な返済期限を伝えてください。

それによってオペレーターが対応の方法伝えてくれることになりますのでそれに従いましょう。

ただし、返済ができないというのはクレジットカード会社でも通りませんので、何らかの形でお金を用意してクレジットカード会社に入金をして下さい。

家族や友人から借りられれば良いのですが、それもかなわない場合にはキャッシングで返済分を借りてクレジットカードの返済遅延を逃れるという方法がありますのでいざという時にはこの方法で乗り切りましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)