モビットの弱点

モビットは大手の消費者金融でバレにくいとして人気ですが、実はすべてパーフェクトな消費者金融ではありません。

 

これはモビットに限らずどこのキャッシングを利用した場合でも同じなのですが、実際に利用をするとなった場合に完璧なキャッシングはありません。

 

モビットには弱点もありますが強みもありますので合わせてご紹介をしたいと思います。

モビットの弱点と評判

モビットを利用している方の口コミ情報などを参考にしているとよくわかることが「金利が高い」という情報です。

 

たしかにこれはモビットの中でも弱点といえる部分ですね。

 

金利が高いと言われている理由についてはいろいろとあるのですが、大きな要因は「無利息期間がないこと」です。

 

モビットは消費者金融ですので審査から融資までスピーディーに利用をすることができるメリットがありますが、その反面金利が高いという弱点があります。

 

これはほかの大手の消費者金融であるアコム、アイフル、プロミスの4社すべてを含めて言えることで上限金利が18.0%(プロミスは17.8%)となっています。

 

もちろん法的には全く問題がないのですが、ほかのキャッシングがカードローンと比較をした場合にかなり高めな印象になりますね。

 

しかし、ほかの3社にあってモビットにないサービスが1つだけあります。

 

それは、「無利息期間」ですね。

 

これはモビットにないサービスとなっています。

 

ほかの消費者金融は期間は様々となっていますが、新規の人のみ30日程度の無利息期間が設定をされておりその間に返済をすることにより金利を抑えることができるメリットがあります。

 

しかし、残念ながらモビットは無利息期間を設定していないため、新規の人がお金を借りた時点ですぐに借り入れをしたお金に対して利息がかかります。

 

そのような理由から口コミや評判が広がり「モビットは金利が高い」と言われるようになりその通り弱点といえますね。

モビットの弱点 審査は厳しい

中にはモビットの審査は厳しいので弱点だという方もいますが、これに関しては厳しくはなく「厳正にシビアに行っている」というのが結論といえます。

 

モビットを申込者がきちんとお金を返済してくれるかときちんと判断しなければなりません。

 

そのため妥協なく見ている理由があります。

 

これはほかの消費者金融やキャッシングでも変わらないので同じと思っておきましょう。

 

大手の消費者金融として人気でモビットはバレにくく審査から融資までスピーディーなキャッシングで人気です。

 

しかし、唯一「無利息期間がない」という弱点があります。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)