モビットの金利を下げる方法

モビットの金利を下げる方法があります。

 

モビットは大手の消費者金融で審査から融資までスピーディーに借りることができるキャッシングとして人気を集めていますが、金利は残念ながら高めといわれています。

 

詳細は「モビットの金利は高いカードローン」に書いていますので参考にしていただければわかると思いますが、年利3.0~18.0%と設定がされています。

 

他の消費者金融と比較をした場合にそこまで金利の差はないのですが、無利息期間がなかったり手数料がかかることから高いといわれています。

モビットの金利を下げると返済額が減る

実際にモビットを利用したいと思った場合に金利を下げる方法があります。

 

金利が下がるということは、利息が減りますので毎月の負担も少しずつ減ることとなりますね。

 

そのようなメリットがありますので金利が下がるのであれば1.0%でも下げるほうが得策といえるでしょう。

 

最初の金利の設定はモビットが審査の段階で決めることになります。

 

基本的に新規の人が利用する場合には100万円以下は18.0%が適用となりますね。

 

これは決まりとなりますので、他の消費者金融と同様に高めの設定となります。

 

しかし、コツコツをモビットへ返済をしていき継続をして利用をしていくことでモビットから「金利の優遇」の案内がくる場合があります。

 

これはモビットから「優良なお客様」と認識をしてもらうことが必要ですが、認めてもらうことにより金利が下がったり、融資の限度額が大きくなったりしますね。

 

優良なお客様とは「信用と返済実績」が認めてもらうことです。

 

返済に遅れることなく、モビットを継続して利用をしている方はモビットにとっても今後も利用をしてほしい人物になります。

 

そのような理由から優遇措置という形で金利を下げてくれることがあります。

 

しかもできるだけ限度額いっぱいまで継続して借りてくれる人とモビットは好みますね。

モビットの金利と手数料

このように優遇をしてもらえる立場になると金利がさがりますので利息を下げることにもつながります。

 

あとは金利の問題は手数料ですが、提携ATMなどを利用する場合に1万円以下は108円、1万円以上は216円かかります。

 

これを避ける方法は正直ありませんので、少しでも提携ATMを利用する回数を減らすことです。

 

1回につき手数料がかかりますので借入も1回で大きな金額を、追加返済も一回で大きな返済にしていくことにより手数料による無駄な出費を抑えることができます。

 

金利を下げる方法は優遇されることですので覚えておきましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)