モビットの金利

モビットの金利について書いています。

 

モビットの金利は「3.0~18.0%」で借り入れ可能額は1~800万円と消費者金融の中では大きなお金を借りることが出来る人気のキャッシングとなっています。

 

金利も低いように見えるけれども??そのあたりを詳しく紹介していきたいと思います。

モビットの金利は低い

金利を見る場合に一番に目がつくのが下限金利ですね。金利には見方があります。

 

まず、3.0%と記載をされている金利は下限金利と言います。モビットで借り入れをする際に最も低い金利となっており、これ以上は低くはなりません。

 

それに対して18.0%は上限金利と言います。金利は借入した金額などに応じて決定をされます。法的にも全く問題のない金利設定となっていますのでさすがは大手の消費者金融で三井住友銀行グループのモビットだと思いますね。

 

借り入れをするユーザーはついつい下限金利の3.0%に目が活きますが、実はそれは大きな間違いとなります。金利は高い上限金利から見なければなりません。

 

金利は借り入れ金額が大きいほど下がる傾向にあります。そのため、100万円以下の場合は上限金利の18.0%が適用となりますので理解をしておきましょう。

 

3.0%の金利で利用をしたいと思っているなら上限金額の800万円を借り入れをして、顧客としても信用を得ることができれば可能となります。

 

法的には問題のない金利ですが、18.0%は他のキャッシングと比較をしても同様に高めに金利ですのでモビットの金利は高め(普通)という結論になりますね。ただし、モビットは消費者金融なので総量規制の法律が適用となります。

 

年収の3分の1以上は借りられない決まりとなっていますので800万円を借りようと思うと年収が2400万円は最低でも必要と言うことです。

モビットの金利を下げる方法

モビットの金利を下げる方法があります。

 

1つは大きなお金を借りると言う方法です。基本的に大きなお金を借りると金利は下がる傾向にあります。そのため少しでも金利を下げたいと思っているなら大きなお金を借り入れしましょう。

 

ただし先ほども書きましたが総量規制という法律がありますので、それ以上は借りられない決まりとなります。その点は注意をして下さい。借り入れをしたい金額が80万円など100万円に近い場合は希望額を100万円にしてみる方法もありです。100万円の場合は法的にも15.0%の金利設定になりますので低く抑えることが可能です。

 

2つ目の方法は金利交渉をするという方法です。これは借入をしたあなたがモビットへ直接金利を下げてもらえないか?という交渉をオペレーターにする方法です。実際にそこまで簡単な方法ではありませんが状況の応じて金利を下げてくれる(金利交渉成功)可能性もありますね。

 

しかし、金利交渉は基本的にモビットはあまり応じたくありません。その理由としては、モビットの利益は利息が大部分を占めています。そのため、モビットも出来る限り金利は下げたくないと思っています。

 

金利交渉には応じたくない。しかし、この人なら金利交渉に応じて下げておく方はメリットも高いという方法を取るようなケースもあります。それはモビットに応じて「優良な顧客」であると判断をしてもらうことです。

 

優良な顧客とは、返済の遅延も不払いもなく、繰り返しモビットの利用をしてくれている人のことを指します。つまり、モビットにとってメリットのあるお客様であると判断をしてもらうことです。

 

モビットなどのキャッシングは信頼、信用からお金を融資します。そのため審査でもあなたのことを詳しく見ていますね。金利が下がれば利息も下がりますので交渉はダメ元でも一度伝えてみる方法もアリだと思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)