ペットの手術代でキャッシングを利用する人が急増

ペットを飼っている方も多いと思いますが、ペットとお金は密接に関係しているといわれています。

その理由が、ペットを飼うとわかる毎月の食費などにかかる雑費がかかります。

飼っている動物にもよりますが、大体1~3万円くらいはかかりますし、ペットにお金をかけている方は無添加のごはんや衣服などを購入していますのでさらにお金がかかっています。

その程度のお金ならばペットを飼っている人は良いのですが注意をしなければならないのは手術台です。

実は結構なお金が動きますので注意をしましょう。

ペットの手術代の相場

もちろん買っているペットによってもことなりますが、珍しい動物になるほど高くなります。

また、保険が適用ではないため費用が人間よりもかかるという点も注意が必要ですね。

・犬同士のかみ合いによってできた噛みキズ⇒7,580円

・おう吐を繰り返しての初診費用⇒15,250円

・かかりつけの病院で、猫が3日間入院治療⇒25、020円

このあたりはまだ少額になっていますが保険がきかないと言う点でかなり高額となっています。

さらに高額な治療としては・・・
・猫が骨折手術をして一日入院⇒70、280円

・ヘルニアになった小型犬を手術10日間入院⇒140、320円

・異物の誤飲⇒130,000円

・てんかん、中耳炎、外耳炎⇒200,000円~250,000円

このようにかなりの高額となっています。

他にも、肛門の周りに腫瘍ができており、摘出手術とその腫瘍が悪性なのか?などの検査をするための検査費用で20万円など普通にかかりますので、ペットを飼うということはお金がかかるということですね。

ペットのためにキャッシングを利用する人が急増

ペットを飼うとそれなりにお金がかかる。

これについてはわかっていただけたかと思います。

しかし、いつこんな風に手術が必要となるか不明です。

動物病院の値段設定はいわば言い値となっていますので、相場というものもないです。

そのため、その価格が適正なのか?それとも適正でないのかわからないこともありますね。

しかし、大事な家族である家のペットにためにもお金を工面する必要があります。

自己資金がない人はキャッシングで30万円など借りてペットの命を救っている方もいるほどです。

最近はペット保険も増えていますが、それでもお金はかかります。

いざという時はキャッシングがありますが、お金がかかることは覚悟としてから飼うようにしましょうね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)