消費者金融の審査は通らない

消費者金融はキャッシングサービスの1つで審査から融資までがスピーディーに借りられるとして人気になっています。

そんな消費者金融の特徴は?

・審査から融資までスピーディー

・総量規制の範囲内での借入(年収の3分の1以下)

他のキャッシングとの違いは主にこの2つとなっていますが、何よりも「審査から融資までスピーディ」に借りられると人気になっていますが審査はあります。

審査へ申込をするためには「満20歳以上69歳以下の申し込み者本人に相手をした収入があること」と定められていますので、消費者金融の審査について書いていきましょう。

消費者金融の審査が通りやすいは嘘

消費者金融の審査は通りやすいと言われていますが、その噂はになります。

消費者金融もお金をボランティアや慈善事業で融資をしているわけではなく、あくまでもビジネスとして融資をしていますのでシビアに厳正に審査を行っています。

審査は甘くないですし、審査に落ちている人もたくさんいますので理解をしておきましょう。

中には「審査なし」「審査がゆるい」という広告を打っている消費者金融もありますがキャッシングの中で審査なしのキャッシングがあり得ません。

もし、そんなキャッシングがあれば闇金など危険な金融会社になりますので間違っても申し込みをしないようにしください。

あとで取り返しのつかないことになりますよ。。。

消費者金融は審査を行う目的な「申込者に返済能力があるか?」です。

消費者金融はあくまでもお金を返済してくれなければ意味のないキャッシングになります。そのため、申込者は定期的に継続的にきちんと返済をしてくれなければ意味がありませんので、そこを審査ではシビアに見ています。

消費者金融には審査基準がある

消費者金融の中には大手のアコム、アイフル、プロミス、モビットがあります。

その大手の消費者金融に限らず審査には基準がありますので理解をしておきましょう。

消費者金融の審査基準ですが、主に4つあります。

1、申込者本人が満20歳以上69歳以下であること。

2、申込者本人に安定をした収入があること。

3、過去もしくは現在ブラックリストへ入っていないこと。

4、総量規制の範囲内もしくは近くまで借り入れをしていないこと。

この4つは最低基準となります。

もし、クリアをできていない項目がある場合には審査に落ちる可能性もありますので注意をしてくださいね。

消費者金融はスピーディーに利用ができますが、審査は甘くありませんので理解をして申し込みとして下さい。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)