消費者金融は返済できないと取り立てがある

消費者金融を利用すると返済をすることが条件をなります。

消費者金融はあくまでもビジネスとしてお金を融資している経緯がありますのでどの点を非常に重視をしていますね。

これは消費者金融の限らず、貸したお金をちゃんと返済してもらえないならば問題となりますので、借りるときには計画的に返済をしたいものです。

しかし、こんな噂があります。

消費者金融で返済ができない場合には取り立てがあると??

返済と取り立てについて書いていきましょう。

消費者金融は取り立てがある?

取り立てと聞くと、黒いスーツをきた怖い人が家や会社まで押し寄せてきて「金かえせ」と脅される。

そんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

そのような取り立ては今の時代にすると大問題となりますのでありませんし、法的にも禁じられています。

しかし、消費者金融の遊びでお金を貸しているわけではなくあくまでもビジネスとしてお金を融資している経緯がありますので、返済をしてくれない相手には取り立てではなく「催促」をする場合はあります。

消費者金融で借りている人も返済をきちんとしないことが原因となりますね。

返済の催促も最近は非常に丁寧です。

あなたの携帯電話に連絡をして「返済はどうなっているでしょうか?」と聞いてくれます。

しかし、そこであなたが明確な答えや電話にでないということを繰り返していると、今度は自宅へ催促状と呼ばれるはがきを自宅へ郵送してきます。

催促状は申し込みをした自宅へ郵送をされてきますので、もし家族などに内緒にして借りている場合にはバレる可能性がありますね。

それでも返済ができていない場合にはどうなるか??不明ですが、返済に遅れると消費者金融から間違いなく連絡が行きますので、きちんと受け答えをしてください。

そして、いつまでに返済ができるんのか?それとも利息だけでも返済ができるのか?を伝えましょう。

消費者金融の違法業者は取り立てをする

しかし、先ほどのような対応はあくまでも大手の消費者金融などのキャッシングを利用して場合のみとなります。

中には闇金やフリーローンなどを利用している方もいるでしょう。

そのような方の場合は取り立てにあう可能性もあります。

闇金などは元から審査も甘いですし、そもそも法的な規制を守っていないため怖い思いをする可能性もありますので十分に注意をしてください。

基本的に大手の会社では取り立てはないですが、法律を守っていない店舗は・・・?わからないのでそもそも利用を控えておきましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)