キャッシングの審査基準

キャッシングへ申込をするとなった場合に審査を必ず通過しなければなりません。

しかし、どのキャッシングもそうですが審査には基準というものがあり、その基準をクリアしなければ申込すらできなくなりますので、ここではキャッシングへ申し込みをする基準について書いていきます。

キャッシングももちろん、ボランティアや慈善事業でお金を融資しているわけではなく、あくまでもビジネスとしてお金を融資していますので貸したお金はキチンと返済をしてもらう必要があります。

シビアに見ているのが正直なところですので、詳細をみていきましょう。

キャッシングの審査基準はゆるい

キャッシングの審査基準はゆるい、甘いと思っている方もいますがそれは大きな間違いとなっています。

キャッシングの審査は厳正にシビアに行われていますので、そこまで甘くはないですしシビアにあなたのことを見ていますので理解をしておきましょう。

基本的にキャッシングの審査基準は4項目から成り立っています。

1、年齢

利用をするキャッシングのもよりますが、満20歳以上65歳いかもしくは69歳以下と決めれています。未成年は利用ができませんし、定年退職をしている方も利用は不可となります。

2、収入

基本は「申込者本人に安定をした収入があること」と定められていますので、正社員ではなくてアルバイトやパートでもかまいませんので毎月安定をした収入を手に入れていることが条件です。

3、ブラックリスト

過去にお金の問題を起こしている、もしきは現在起こしている場合は審査に落ちることになりますので注意をしましょう。「ブラック=お金の問題児」という扱いになりますのでキャッシングも融資をしてくれることはありません。

4、収入により規制

これは消費者金融ならば年収の3分の1以上は借りられない決まりとなっていますので、上限金額以上の融資を受けることはできないですね。銀行系のカードローンは大きなお金を借りられるかもしれないですが、最近は規制も厳しくなっていますので大きなお金を借りることは難しくなっています。

キャッシングの審査に通らない

キャッシングの審査に通らないかたはこの基準を満たしていない可能性が高いですし、落ちたという方も同様の理由になりますので、この4項目は最低限クリアをしてから申し込みをしましょう。

また審査なしで利用ができるというのは闇金など危険な貸金業者になっていますのでそれもやめておきましょう。

キャッシングを利用するなら大手の安心できるキャッシングにしておきましょうね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)