モビットの審査は収入が必須 審査に通過をする年収

モビットの審査へ申し込みをする場合に大事なことは「収入」だといわれています。

 

収入といってもモビットなどのキャッシングが重要視している収入は年収になります。

 

収入の有無や金額によって、申込者に「返済能力があるか?」を見ることがモビットの目的となっていますね。

 

モビットに限らず大手のキャッシングはボランティアや慈善事業でお金を融資しているわけではなく、あくまでもビジネスとしてお金をかしています。

 

そのため、きちんと返済をしてくれる人の見極めるために審査を行っています。

モビットの審査 総量規制の範囲内

モビットの審査をする中で大事なことは総量規制です。

 

これは年収の3分の1までしか借入をすることができない決まりとなっています。

 

銀行系のカードローンだともっと大きなお金を借りることができるのですがモビットの場合は総量規制の範囲内となっています。

 

そのため、年収が300万円の人は100万円まで、年収が1000万円の人は333万円までの借入しかできない決まりとなっていますので注意をしましょう。

 

そのため、モビットは審査で「年収」を重要視しています。

 

・年収により返済能力に余裕があるかの判断ができる。

・年収により融資をすることができる金額が決まる。

 

この2つの理由によりモビットは審査で年収をとても重要視している傾向にあります。

 

モビットの審査へ申し込みをするには「満20歳以上69歳以下で申込者本人に安定した収入があること」を定められていますので、そこはクリアをしておけば利用可能です。

 

アルバイトでもパートでも毎月安定をした収入があり、ある程度の年収があれば融資を受けられますので利便性も高くなります。

モビットの審査は収入が安定していれば通過しやすい

モビットの審査は基本的に収入が安定をしている人ほど通過をしやすいと言われています。

 

安定をしているということは毎月固定の金額を手に入れているということなので、返済も滞りなくできると認識をされます。

 

モビットの場合は毎月の収入は少ないけれども変動が少なく安定をしている方と毎月の収入は少ないけれども月によって波の大きい人に場合は、少なくても安定をしている人の好む傾向にあります。

 

モビットの審査はあなたの情報を点数化することで融資をするかを判断していますが、一番ポイントが高いのは安定の代名詞「公務員」となっていますので、審査の項目として「職業=収入の安定性」という部分をシビアに見ているといえますね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)