モビットは総量規制の範囲内で利用

モビットは消費者金融なので総量規制という法律が適用となります。

 

総量規制とは、年収の3分の1以上は借入をできない法律となっています。これは法的に決められていますので消費者金融系のアコム、アイフル、プロミスも同様となりますね。

 

例えば、年収300万円の方なら最大でも100万円となります。もし、他社の消費者金融などの借り入れがある場合にはこれも含まれることになります。

 

A社ですでに50万円を借りていた場合にはモビットでは50万円以上は借りられないと言われています。総量規制に含まれないローンとしては住宅ローン、マイカーローン、奨学金やクレジットカードでショッピングなどに利用をしていても基本的には含まれません。

 

そのため、すでに消費者金融などからの借り入れがある場合には大きなお金を借りられないので注意をしましょう。保証人などを用意しても同様となります。

モビットは総量規制外で利用が出来る

モビットは総量規制外で利用をすることができると言われていますが実際にはどうなのでしょうか?

 

これは先ほど書いた通り不可となります。総量規制が適用となりますので年収の3分の1以上は借りられないですね。

 

銀行系のカードローンなどには総量規制外で利用をすることが可能なキャッシングももちろん利用が可能となります。もちろん年収によっては総量規制外でも大きなお金を借りられないケースもありますのであらかじめ理解をしておいてくださいね。

 

中には専業主婦でも借り入れが可能なキャッシングもありますが、こちらは不可となっています。

モビットの審査で他社の借り入れはバレる?

申し込みをした時点で他の借り入れを隠しておけばモビットで大きなお金を借りれるとおもって申し込みをしてもバレます。

 

消費者金融の審査は自社で行っていますが、その場合は審査の時点で信用情報を確認しますので簡単に見抜かれますね。信用情報はあなたのお金に関する個人情報となっています。

 

そのため、審査に申し込みをした時点であなたが過去に借り入れをしていることクレジットカードの利用状況、銀行の借り入れなどすべてお見通しとなります。

 

そのため、他社から借り入れをしていることが簡単にバレますのでちゃんと申し込みをしましょう。大きなお金を借りたいと思っても正直に記載をしておきましょう。

 

場合によっては審査に落とされますので注意をして下さいね。

 

モビットの特徴は審査が早く、キャッシングの中でもバレにくいと言う点です。WEB完結申し込みを利用した場合には、電話なし、郵送なしで利用が可能で職場への電話連絡もなしとなります。

 

内緒で早く借りたいと言う場合にはベストな選択と言えます。借り入れ可能額は総量規制の範囲内であることを理解して申し込みをしてくださいね。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)