モビットは他社借入がある場合は審査に影響がある

モビットは消費者金融のため、年収の3分の1以上は借りられない決まりとなっています。

 

そのため、年収が1000万円の人は333万円まで、年収が300万円の人は100万円までしか借入をすることはできません。

 

総量規制に含まれる項目としては、クレジットカードのキャッシング、カードローンなどでお金を借りている場合には信用情報機関に記載をされているので計算をされます。

 

総量規制に含まれないものはマイカーローン、住宅ローン、奨学金、クレジットカードのショッピングなどは含まれません。

 

モビットは他社からの借入をしている場合に融資を受けることは可能なのでしょうか?

モビットは他社借入がある場合も申込できる

モビットは他社からの借入があったとしても審査へ申込をして借入をすることが可能です。

 

先ほども書いていますが、年収の3分の1の範囲であれば審査に通過をして融資をしてもらうことも可能となりますので安心をしてください。

 

例えば、年収が300万円の人がほかの消費者金融もしくはカードローンで30万円を借りている場合には最大でも70万円までは融資をしてくれるということになります。

 

ただし、これは1社の人に限ってのことなのでモビットへ申し込みをした場合に3社以上の借入をしている人は審査に通過をすることは非常に厳しくなるでしょう。

 

3社となると多重債務者といういい方になりますのでアイフルのおまとめローンなどを利用するほうが良いかもしれないですね。

 

また、他社の借入件数が少なくても総量規制の空きが少ない場合も審査に通過をしない可能性が高いです。

 

例えば年収300万円の人がすでに90万円借りている場合にはモビットは融資をできても10万円になります。

 

このような場合もモビットはあなたの返済能力次第では融資をしないケースも考えられますので注意をしましょう。

モビットは他社借入でも可能 ほかの消費者金融は?

他社の借入がある場合には先ほど紹介をしたように対応に他の消費者金融でもなります。

 

アコム、アイフル、プロミスはすべて総量規制の範囲内での対応となりますので理解をしておきましょう。

 

アイフルのみは他社の借入があってもおまとめMAXというサービスでまとめることができたり、総量規制外の借入も可能となっていますね。

 

他社の借入のある現在のあなたの状況により融資をしてもらえるかは異なりますが。審査への申し込みは可能となりますのでもう少し借りたいと思ったらモビットへ申し込みをしてはいかがでしょうか?

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)